ココナッツオイル

ココナッツオイル

■ココナッツオイルとは

ココナッツオイル ココナッツは、太平洋の島々をはじめ、アジア、アフリカ、中南米など熱帯地方に自生し、栽培もされているココヤシの実です。
何千年も前からその土地に暮らす人びとの主食に利用され、調味料や油、飲み物として、また病気や傷を癒す薬の代わりとしても使われてきました。
ココナッツはまさに「生命の木」と呼ばれるにふさわしく、熱帯に暮らす人びとの健康の維持に重要な役割を果たしてきたのです。
そのココナッツの果肉から抽出されるオイルが「ココナッツオイル」。
実際、数々の医学的な研究結果から、このオイルには心血管系の病気や認知症の予防、ウイルスや細菌の抑制など、さまざまな健康効果があることが明らかになってきています。 それは、ココナッツオイルの90%以上が飽和脂肪酸であり、その多くが「中鎖脂肪酸」という脂肪酸で構成されていることと深い関わりがあります。

■ココナッツオイルの種類

ココナッツオイルは大きく分けると、精製したココナッツオイルと未精製のヴァージンココナッツオイルの2種類があります。
【精製ココナッツオイル】
ココナッツを高温精製し、脱臭工程を通して作られているオイルです。熱を加えて漂白も行っている為、ココナッツ独特のニオイや色が薄く、美容のケアに使いやすいと言われています。不純物を取り除いているため、ヴァージンココナッツオイルよりも低刺激となっています。
【ヴァージンココナッツオイル】
ココナッツに添加物を一切加えず、無精製の非加熱処理によって抽出されたオイルがヴァージンココナッツオイルと呼ばれています。化学物質などを一切含んでおらず、ラウリン酸やビタミンEが豊富で、防腐剤が不要の飽和脂肪酸オイルです。

■ココナッツオイルの効能

1.ダイエット
ココナッツオイルは中鎖脂肪酸を多く含むため、体に蓄積せず、すぐにエネルギーへ変換されるオイルです。しかも代謝をアップし、体についている脂肪を燃えやすくしてくれる効果があるため、「痩せるオイル」と言われています。 また、オイルが体に溜まった便を除去し腸の働きを整えてくれるため、便秘解消が期待されます。

2.美容
ココナッツオイルはビタミンEが豊富に含まれているため、肌に塗ることにより乾燥、かゆみ、肌荒れを防いでくれます。
さらに抗酸化作用でエイジングケアにも最適です。また、サンオイルの主な成分は昔からココナッツオイルを含んでいるようにサンプロテクションの効果が期待出来ます。

3.健康
ココナッツオイルに含まれる飽和脂肪酸は、他の油に比べ常温で2年は酸化しづらい性質をもっています。ラウリン酸も豊富に含まれ、抗菌・抗酸化作用が強いため、近年健康に関する多くの研究が進んでいます。以下のような効果が期待されています。

●代謝を上げ、免疫力を高める。
ココナッツオイルの中鎖脂肪酸は体内に吸収されやすく、代謝作用を高めてより多くのカロリーを燃焼させるほか、一般的な食用油に多く含まれる長鎖脂肪酸の燃焼を助ける働きもあります。また、ココナッツオイルに含まれるラウリン酸は、ヒトの母乳の成分のひとつでもあり、免疫系の機能を支え、感染症などから守る働きがあると言われています。

●カラダに必要な栄養素の吸収を助ける。
ビタミンA・D・Eなどの脂溶性ビタミンを体内に吸収するためには、食生活における脂質の摂取が不可欠です。また、体内で作り出すことができない必須脂肪酸であるオメガ6脂肪酸[リノール酸]、オメガ3脂肪酸[αリノレン酸]は、食べ物から補う必要があります。
中鎖脂肪酸には、これらのビタミンや必須脂肪酸のほか、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルの吸収を高める効果があることがわかっています。

商品ラインアップ

  • ドクターブロナー ヴァージン ココナッツオイルオーガニック認定を受けている、未精製のオーガニックココナッツオイル
  • ココウェル エキストラバージンココナッツオイル 40℃以下の低温圧搾法と伝統的な自然発酵法で抽出した100%無添加のエキストラバージンオイル
PAGETOP